北京エリア別グルメ紹介

北京エリア選択

朝陽門の街&グルメ情報


近代的なオフィスビル街

マレーシア料理店なども探せる

朝陽門外大街沿いにある牌楼


近代的な街並の中に歴史の香りが残るエリア かつて、北京を出入りする人々にとって重要な城門だった朝陽門。明・清の時代には、南方の食料が現在の通恵河を経て、朝陽門から北京市内の食料倉庫に運び込まれていました。
東西に走る朝陽門外大街沿いは、日本の外務省に相当する中国外交部や豊聯広場、昆泰国際中心など政府機関が集まるエリア。1980年代以降、近代的なオフィスビルやショッピングモールなどが建設され、一大ビジネスエリアに変身しました。
朝陽門外大街を東へ進むと、北京二大道教寺院のひとつ『東岳廟』が見えてきます。華北地方で最大級の規模を誇り、なかでも、色鮮やかな本堂の岱岳殿は見もの。近代的な街並みの中にも歴史の香りが残る、そんな地域です。
最寄り駅は、地下鉄2号線「朝陽門」駅。メインストリートの朝陽門外大街は駅に直結しています。

朝陽門エリアのレストランガイドを見る